よくある質問から抜粋して解説しています。

質問 「書類を撮影する際の注意点はありますか?」

回答 書類を撮影する際は次の点に厳密に注意してください。再提出を依頼される場合があります。

【注意事項】

1.書類全体が確認できるように、書類は折りたたまず四隅が写るように撮影してください。

2.受理可能なファイルフォーマットは、PDF, JPG, JPEG, PNG のみです。

3.最大ファイルサイズは10MBです。

4.白黒画像は不可。カラー画像を提出してください。

5.ecoPayzのようなE-ウォレットやバーチャルカードのスクリーンショットは、URLを含むページ全体が確認できるもののみ受領可能です。(画面を切り取りした画像は受領できません。)

スクリーンショットが可能なのは、この項目だけです。ほかはカメラで撮影した画像が必要です。

6.編集プログラムや加工アプリ等によって編集したり、スキャナーでスキャンされた画像は受領不可です。

スマートフォンやデジタルカメラで撮影した画像を無編集でアップロードしてください。

上記の1から6までは必須項目となっています。

どれか一つでもマズイと再提出となりますので、撮影は注意して行いましょう。

請求書などのA4サイズの書類も、四隅が映るように撮影します。住所氏名などの文字がはっきりと見えることが重要なので撮影後は必ず確認してからアップロードしましょう。

★重要情報は隠すこと

個人番号カード裏面の個人番号の数字、クレジットカードのCVV番号などは、必ず隠して撮影しましょう。

【本人確認書類】
個人番号カード裏面の個人番号の数字は必ず隠して撮影してください。

【利用決済方法確認書類】
クレジットカードの画像は両面とも、カード番号の初めの6桁最後の4桁は撮し、それ以外の数字は隠す(例:1231 23XX XXXX 1231)ことと、裏面のCVV番号(最後の三桁)は隠して撮影しましょう。

番号を隠すには、100円ショップで売っている付箋紙を小さく切って使うといいです。

これらが隠されていない画像は、セキュリティ保護のため、ギャンボラ側で削除することがあります。

つぎのページもご覧ください。

⇒ アカウント認証に必要な書類