バカラとは、トランプを使ったゲームで、バンカー(胴元役)とプレイヤー(客役)という仮想の二人による勝負で、どちらが勝つかを第3者であるあなたが予想して賭けるゲームです。

バカラ

あなたは賭け金を決めてどちらかに賭けるだけ。
倍率2倍(勝率50%)のゲームです。

正確には、バンカーの勝率は50.6%と言われており、勝率がやや高いということが理論的に証明されています。なので、どちらに賭ければいいのか分からないときは、バンカーに賭けてください。

また、バンカーが勝つと5%の手数料が引かれるので、10ドル賭けて戻ってくるのは、賭けた10ドル+配当9.5ドルの19.5ドルです。

プレイヤーが勝てば、10ドル賭けて戻ってくるのは、賭けた10ドル+配当10ドルの20ドルが戻ります。

引き分けになれば、賭け金がそのまま戻ります。

引き分けやペアカードのベット位置もありますが、まず当たらないので、賭けるのならバンカーかプレイヤーのどちらかにしておいたほうがいいです。

ゲームは、ディーラーが、バンカーとプレイヤーにそれぞれカードを2枚配り、その数字の合計が9に近い方が勝ちというゲームです。

A(エース)から9まではその数字のとおり1から9で、10、J、Q、Kはすべて0とカウントします。合計が10以上になったら下一桁の数字のみをカウントします。

あなたは、金額を決めてバンカーかプレイヤーのどちらかに賭けるだけです。

ライブカジノなら、美しい女性の手さばきを見ているだけでも楽しめます。

それでは実際にプレイしてみましょう。

使ったのは「バカラNN」でプロバイダーは「Net Ent」です。

バカラに勝つための賭け方

勝つための賭け方は、ベッティングシステムといわれ、様々な手法があります。

でも、複雑な手法は実際のゲームでは使い物になりませんし、勝ったり負けたりしながらも負けた分を取り戻せないような手法では稼ぐことはできません。

なので、私が倍率2倍のゲームで使うのはマーチンゲール法のみです。

マーチンゲール法は、負けると賭け金を2倍にしていくので、連敗すると大変な額になると怖がられますが、勝率50%なので連敗はせいぜい5連敗ぐらいまでです。

ココモ法の10連敗というのは普通にありますが、マーチンゲール法で10連敗なんてしたことありません。

1ドルで始めて5連敗した時の6回目の賭け金は次のようになります。

1ドル⇒2ドル⇒4ドル⇒8ドル⇒16ドル⇒32ドル

それでは始めてみましょう。

バンカー(胴元)に賭け続けます。

結果は次のようになりました。

回数 ベット額 勝敗 損益 残高
1 1ドル +0.95 +0.95
2 1ドル +0.95 +1.90
3 1ドル × -1.0 +0.90
4 2ドル +1.9 +2.80
5 1ドル +0.95 +3.75
6 1ドル +0.95 +4.70
7 1ドル × -1.0 +3.70
8 2ドル +1.9 +5.60
9 1ドル +0.95 +6.55
10 1ドル +0.95 +7.50
11 1ドル 引き分け 0 +7.50
12 1ドル × -1.0 +6.50
13 2ドル × -2.0 +4.50
14 4ドル 引き分け 0 +4.50
15 4ドル × -4.0 +0.50
16 8ドル × -8.0 -7.50
17 16ドル +15.2 +7.70
18 1ドル × -1.0 +6.70
19 2ドル × -2.0 +4.70
20 4ドル +3.8 +8.50

20回やって10回勝ちましたので、勝率は50%でした。

プレイヤーの勝率は、20回やって8回なので40%でした。

今回は調子のいいゲームでしたので、利益が8.5ドル出ました。

4連敗後の17回目で勝った時の画像が次です。

賭け金の16ドルと配当の15.2ドルの、合計31.2ドルが戻ります。

15.2ドル=16ドル×0.95です。

バカラNN

マーチンゲール法で勝つコツ

マーチンゲール法は、累計損失をたった1回の勝ちで全額取り戻す方法です。

賭け金を見ると、累計損失分だけ賭けているのがわかります。

そのためには、最後は勝って止めなければなりません。

逆に言えば、勝つまで続けられれば負けることはない方法なのです。

また、連勝すればその分は利益の上積みになりますから、勝つ回数が多いほど利益が大きくなります。

マーチンゲール法で連敗するのは、せいぜい5連敗程度までと言いましたが、マーチンゲール法とココモ法の連敗する確率を比較してみましょう。

マーチンゲール法で6連敗する確率は1.56%ですが、逆に勝つ確率は98.44%にもなるんです。

連敗数 倍率2倍 倍率3倍
1敗 50% 66.6%
2連敗 25% 44.3%
3連敗 12.5% 29.5%
4連敗 6.25% 19.7%
5連敗 3.125%
(32回に1回)
13.1%
(8回に1回)
6連敗 1.562%
(64回に1回)
8.7%
(11回に1回)
7連敗 0.78%
(128回に1回)
5.8%
(17回に1回)
8連敗 0.39%
(256回に1回)
3.9%
(26回に1回)
9連敗 0.19%
(526回に1回)
2.6%
(38回に1回)
10連敗 0.1%
(1000回に1回)
1.7%
(58回に1回)
11連敗 0.05%
(2000回に1回)
1.12%
(89回に1回)
12連敗 0.025%
(4000回に1回)
0.7%
(142回に1回)
13連敗 0.0125%
(8000回に1回)
0.48%
(208回に1回)
14連敗 0.006%
(16666回に1回)
0.32%
(312回に1回)
15連敗 0.003%
(33333回に1回)
0.2%
(500回に1回)
16連敗 0.0015%
(66666回に1回)
0.14%
(714回に1回)
17連敗 0.0007%
(14万回に1回)
0.09%
(1111回に1回)
18連敗 0.0003%
(33万回に1回)
0.06%
(1666回に1回)
19連敗 0.0002%
(50万回に1回)
0.04%
(2500回に1回)
20連敗 0.0001%
(100万回に1回)
0.03%
(3333回に1回)

ココモ法の15連敗がマーチンゲール法の9連敗に相当する確率です。ココモ法では15連敗も現実に起こりますが、マーチンゲール法で9連敗なんて私は起きたことがありません。

バカラのような倍率2倍のゲームで勝つには、勝ってやめることが鉄則です。

賭け金の上限にご注意

ギャンボラの場合、賭け金の上限は規約で5,000ドルと決められています。
(2022年1月現在)

ゲームで仮に上限が1万ドルだったとしても規約が優先するので、上限を超えて賭けた場合は最悪アカウントが凍結される恐れがあるので注意してください。

また、ボーナスで賭ける場合は、テーブルゲームの賭け金は最高20ドル、スロット5ドルなので、こちらも注意して遊んでください。

 

ギャンボラではアカウント登録しなくてもおためしできるゲームがあります。ぜひ公式サイトから試してみてください。

公式サイトはこちら 詳しくみる

ギャンボラ公式サイトはこちら

ギャンボラを詳しく見る