一覧表

ココモ法を使っていらっしゃる方は多いと思います。

ココモ法は連敗が続くほど勝った時の利益が大きくなります。ただ、一定数の連敗が続くと急激にベット額が多くなりますよね。

そこで、ココモ法で最初のベット額をいくらに設定するか、手持ちキャッシュとの関係はどうかの目安のために一覧表を作ってみました。

ココモ法のおさらいをします。

賭け方

1.最初の賭け金を決める
2.2回続けて負けたら3回目の賭け金は「前回賭け金+前々回賭け金」とする
3.その後も連敗が続けば、前回の賭け金+前々回の賭け金で賭けていく
4.勝ったら次は最初の賭け金に戻す

ココモ法は、連敗しても1度の勝利でこれまでの損失を全部取り戻せる方法です。

次の表は、最初の賭金が0.1ドル、0.5ドル、1ドルで開始した時の、連敗時のベット額です。

例えば0.1ドルで開始したときに10連敗後の11ゲーム目に賭ける金額は8.9ドルで、累計損益はマイナスは14.3ドルです。

0.2ドルで始めるときは0.1ドルの欄を2倍にしてください。5ドルで始めるときは1ドルの欄を5倍にしてください。

10ドルを超えると急激に賭け金が大きくなりますね。( )内は累計損失です。

連敗数 0.1ドル開始 0.5ドル開始 1ドル開始
1 0.1
(0.1)
0.5
(0.5)
1.0
(1.0)
2 0.1
(0.2)
0.5
(1.0)
1.0
(2.0)
3 0.2
(0.4)
1.0
(2.0)
2.0
(4.0)
4 0.3
(0.7)
1.5
(3.5)
3.0
(7.0)
5 0.5
(1.2)
2.5
(6.0)
5.0
(12)
6 0.8
(2.0)
4.0
(10.0)
8.0
(20)
7 1.3
(3.3)
6.5
(16.5)
13.0
(33)
8 2.1
(5.4)
10.5
(27.0)
21.0
(54)
9 3.4
(8.8)
17.0
(44.0)
34.0
(88)
10 5.5
(14.3)
27.5
(71.5)
55.0
(143)
11 8.9
(23.2)
44.5
(116)
89.0
(232)
12 14.4
(37.6)
72.0
(188)
144
(376)
13 23.3
(60.9)
116.5
(304.5)
233
(609)
14 37.7
(98.6)
188.5
(493)
377
(986)
15 61.0
(159.6)
305.0
(798)
610
(1596)
16 98.7
(258.3)
493.5
(1291.5)
987
(2583)
17 159.7
(418)
798.5
(2090)
1597
(4180)
18 258.4
(676.4)
1292.0
(3382)
2584
(6764)
19 418.1
(1094.5)
2090.5
(5472.5)
4181
(10945)
20 676.5
(1771)
3382.5
(8855)
6765
(17710)

ルーレットの場合は、多くは賭金の上限が2,000ドルほどですので、賭け金に注意してください。ライブカジノでは賭け金の上限が最大1万ドルです。1ドルで開始して18連敗すると次の賭け金が1万ドルを超えます。

ギャンボラでは最大賭金が5000ドルとされているので、テーブルの賭け金上限が1万ドルだったとしても、5000ドルの上限が優先適用されます。

ハイローラーの方には大きな不満だと思います。年々大きくなるようですが、早く上限が1万ドル以上になってほしいですね。

★ また、ボーナスで賭けるときは、1度の最大賭け額は、スロットは5ドル、テーブルゲームは20ドルまでですので、こちらもご注意ください。ボーナスの有効期限はもらった日から30日間です。

ココモ法 最大連敗回数

10連敗まではごく普通にあります。

15連敗もまれにあります。

今までで私のルーレットのスピン回数は数百回を超えますが、最高で16連敗が1回ありました。

連敗する確率を一覧表にしてみました。

ココモ法は倍率3倍で行う戦略ですから、外れる確率は毎回66%です。3回のうち2回は外れるわけです。

倍率2倍はマーチンゲール法です。比較してみました。

連敗数 倍率2倍 倍率3倍
10連敗 0.1%
(1000回に1回)
1.7%
(58回に1回)
11連敗 0.05%
(2000回に1回)
1.12%
(89回に1回)
12連敗 0.025%
(4000回に1回)
0.7%
(142回に1回)
13連敗 0.0125%
(8000回に1回)
0.48%
(208回に1回)
14連敗 0.006%
(16666回に1回)
0.32%
(312回に1回)
15連敗 0.003%
(33333回に1回)
0.2%
(500回に1回)
16連敗 0.0015%
(66666回に1回)
0.14%
(714回に1回)
17連敗 0.0007%
(14万回に1回)
0.09%
(1111回に1回)
18連敗 0.0003%
(33万回に1回)
0.06%
(1666回に1回)
19連敗 0.0002%
(50万回に1回)
0.04%
(2500回に1回)
20連敗 0.0001%
(100万回に1回)
0.03%
(3333回に1回)

確率論的には、無視できる確率は100万分の1だそうです。

先にも書きましたが、ココモ法では10連敗は普通に起こりますし、15連敗もたまには起こります。

私は最高で16連敗までで、それ以上の経験がありませんが、せいぜい17連敗までが現実的ではないかと考えます。

ココモ法で17連敗する確率は0.09%にすぎず、逆に言えば17回目で勝つ確率は99.91%で、ほとんど勝てる数字だということです。

ただ、それ以上の連敗の確率はゼロではありません。

なので、想定以上の連敗が続いたときのプランBは、必ず考えておいてください。

ココモ法で負けそうなとき 損を最小にする方法

倍率2倍のマーチンゲール法では、私は10連敗したことはまだ一度もありません。ココモ法における0.09%に相当するマーチンゲール法での10連敗までは予測しておいたほうがいいのかもしれません。

先のココモ法賭け金一覧表と合わせると、0.1ドルで開始したとしても、17連敗時の累計損失418ドルと次の賭け金258.4ドルをあわせた676.4ドル以上を持っているとほぼ万全ということになります。

1000ドル持っていても、賭け金が0.1ドルからというのは、万一のことを考えると現実的な数字なのがおわかりいただけると思います。

100ドル以下のキャッシュのときは、最小ベット額は0.1ドルなので、0.1ドルで開始するほかありませんから、早めに手を打つことを考えましょう。

連敗を想定したベット位置

倍率3倍のベット位置は、ダズン3カ所とカラム3カ所です。

一般的には、ダズン3カ所のうち適当に1カ所賭けたり、カラム3カ所のうち適当に1カ所賭けているのではないでしょうか。私もそうでした。

連敗が続くからと、当たりが多く出ているところに賭けた途端に、今度はそこが負け続けるなんてことはよくあります。

ところが、同じ場所に賭け続ければ、連敗していてもいつかは当たりが来ます。勝率33%ですから、平均して3回に1回は当たるわけで、それが15回も連続して外れるということが特異なことです。

ベット位置を変えると、変えたときから勝率33%の確率計算が新たにスタートしますが、同じ場所に賭け続けていれば、連続しているので負けるたびに次の負ける確率が少なくなっていくわけですね。

なので、同じ場所に賭け続けるという方が得策だと思います。

連敗が続いてこのままでは負けて、キャッシュがゼロになってしまいそうというときには、早めに手を打ちましょう。

その方法は次のページに続きます。

ココモ法で負けそうなとき 損を最小にする方法のページ

 

実際にゲームで試してみてください。登録するだけで35ドルの入金不要ボーナスがもらえます。

公式サイトはこちら 詳しくみる

ギャンボラ公式サイトはこちら

ギャンボラを詳しく見る