ココモ法とは、テーブルゲームの3倍配当で使うベッティングシステムで、3倍配当では、おそらく一番使われていると思われる賭け方です。

3倍配当とは、1ドル賭けて勝てば3ドルが戻ってくるゲームのことで、自分が賭けた1ドルを差し引いて2ドルが利益になるものです。つまり、賭けた金額の2倍の利益が出ます。

3倍配当のゲームは倍率3倍で、言い換えれば勝率は33%となり、平均すると3回に1回勝つようなゲームです。

ダズンベットとカラムベット

使うのはルーレットで、次のダズンベットカラムベットで使います。

ダズン カラム

1stダズンとは、1から12までにボールが落ちれば当たり

2ndダズンとは、13から24までにボールが落ちれば当たり

3rdダズンとは、25から36までにボールが落ちれば当たり

同時に3カ所には賭けられません。同時に賭けるのは2カ所までです。

カラムとは「2:1」と書かれた3カ所です。

説明のために下カラム、中カラム、上カラムと呼ぶことにします。

下カラムとは、1,4,7,10、13,16,19,22、25,28,31,34にボールが落ちれば当たり

中カラムとは、2,5,8,11、14,17,20,23,26,29,32,35にボールが落ちれば当たり

上カラムとは、3,6,9,12,15,18,21,24,27,30,33,36にボールが落ちれば当たり

これも同時に3カ所には賭けられません。同時に賭けるのは2カ所までです。

賭ける場所は上記の6カ所です。

ダズンに2カ所、カラムに2カ所を同時に賭ければ、4箇所まで同時に賭けることができます。

ココモ法の賭け方

まず、最初の賭け金をいくらにするかを決めます。

2回連続して当たりが出なかったら、3回目の賭け金は「1回目の賭け金+2回目の賭け金」とします。

さらに当たりが出なければ、「前々回の賭け金+前回の賭け金」で賭けていきます。

当たりが出たら、最初の賭け金に戻します。

次のシミュレーションを見てください。最初の賭け金は1ドルで始めてみます。

ゲーム回数 賭け金 当たり外れ 損益 累計損益
1 1ドル 外れ -1ドル -1ドル
2 1ドル 外れ -1ドル -2ドル
3 2ドル 外れ -2ドル -4ドル
4 3ドル 外れ -3ドル -7ドル
5 5ドル 外れ -5ドル -12ドル
6 8ドル 当たり +16ドル +4ドル
7 1ドル

2連敗後の3回目は、前々回の賭け金1ドル+前回の賭け金1ドル=2ドルを賭けています。以下同様に賭け金を増やしていきます。

5連続外れましたが6回目で当たりが出て、今までの累積損失を全部回収した上に、利益が4ドル出ています。

当りが出たので7回目の賭け金は1ドルに戻しました。

これがココモ法の賭け方です。

ココモ法のメリットとデメリット

メリットは、一度でも勝てば、累積損失をすべて取り戻した上に利益が出ますし、連敗すればするほど勝ったときの利益が大きくなります。

平均すると3回に1回は当たりが出るので、連敗していてもいつかは当たりが出るので我慢して賭け続けることがポイントです。

デメリットは、連敗が続くと賭け金が加速度的に大きくなっていくことです。

上記の例で行くと

2連敗で次の賭け金:3ドル
3連敗で次の賭け金:5ドル
4連敗で次の賭け金:8ドル
5連敗で次の賭け金:13ドル
6連敗で次の賭け金:21ドル
7連敗で次の賭け金:34ドル
8連敗で次の賭け金:55ドル
9連敗で次の賭け金:89ドル
10連敗で次の賭け金:144ドル

このように賭け金が急激に大きくなっていくのが分かります。

ただし、11回目に勝てば288ドルの配当が戻り、累積損失228ドルをすべて取り返して60ドルの利益が出ます。

これがメリットでもありデメリットでもあるところで、次に勝てば全部取り戻せるという欲が出て、負け続けてもなかなかやめられません。

負けるときはどこに賭けても負けます。

そのうち手持ち資金が底をついて賭け金がなくなれば完敗です。スッカラカンです。

必勝法ではないので降りるタイミングを決めておくこと

実際にプレイしてみると分かりますが、当たりが出て(勝って)ゲームを降りることで必ず利益が出ます。タイミングさえ間違わなければ高確率で勝てる方法です。

ただ、負けるときは必ずきます。

そんなときは、どこに賭けても外れます。

10連敗というのは時々ありますし、14連敗というのもたまにあります。

私は1000回近いスピンをしています。最高で16連敗がありましたが、17連敗以上はまだ経験がありません。

どんなに勝ち続けても、負けるときのゲームの降り方を間違えると、スッカラカンになって負けますので、自分なりのゲームの負け方を決めておくといいです。

私は、以前は手持ちキャッシュが半分になっても勝てなかったらゲームを降りることにしていましたが、今はもっと良い方法を考えました。それが次です。

ココモ法で負けそうなとき 損を最小にする方法

ここは、あなたの考えで、キャッシュが半分になったらゲームを降りるのか、累積損失だけを回収するのか、キャッシュが3分の1減ったらゲームを降りるのか、前もって決めておくといいと思います。

ルーレットで勝ち続けてキャッシュが2倍になったら、半分は出金して利益を確定するのもいい方法です。

ココモ方の応用例 ダブルココモ法

上記のシミュレーションは、ダズンかカラムの1カ所だけに賭けた例ですが、次のような賭け方も応用としてできます。

ダズン2カ所にそれぞれココモ法を使って賭ける(ダブルココモ法)

カラム2カ所にそれぞれココモ法を使って賭ける(ダブルココモ法)

ダズン1カ所とカラム1カ所にそれぞれココモ法を使って賭ける(ダブルココモ法)

ダズン2カ所とカラム1カ所の3カ所にそれぞれココモ法を使って賭ける
(※特に名前はないようですがトリプルココモ法とでも言うんでしょうか。)

ダズン1カ所とカラム2カ所の3カ所にそれぞれココモ法を使って賭ける

ダズン2カ所とカラム2カ所にそれぞれココモ法を使って賭ける。でもこれはやめておいたほうがいいと思います。理由は、4カ所を同時にココモ法で賭け金を管理するのがひどく面倒なためです。

普通なら20回やって10分で終わるゲームが、3カ所同時にやると約20分、4カ所同時にやると約30分かかってしまいます。

複数箇所に賭けることで、勝率をアップできる効果があります。

2カ所同時に賭ければ、33%+33%=66%の勝率になりますし、3カ所同時に賭ければ、平均的には、どこか1カ所は常に当たりが出る状態になります。

だいたい20回のゲームを目安にして、勝ったところから順に賭けるのをやめていき、最終的に全部勝ってゲームを降りれば大きな利益になるでしょう。

ぜひお試しください。

公式サイトはこちら 詳しくみる

ギャンボラ公式サイトはこちら

ギャンボラを詳しく見る