ライブルーレットは、プログラムで動いていないところがメリットだと思います。

ビデオゲームのライトニングルーレットでは、今までに最高で12連敗がありましたから、ビデオとライブの違いを比べてみたいと思います。

きょうもライブのライトニングルーレットを使いました。プロバイダーはEvolutionです。

ライブライトニングルーレット

賭け金は最小の0.2ドルで、2ndダズンに賭け続けてみます。賭け金はココモ法です。

結果は次のようになりました。

回数 賭け金 当り位置 勝敗 損益 累積損益
1 0.2ドル 3rd35番 × -0.2 -0.2
2 0.2 2nd20番 +0.4 +0.2
3 0.2 2nd13番 +0.4 +0.6
4 0.2 2nd20番 +0.4 +1.0
5 0.2 2nd22番 +0.4 +1.4
6 0.2 2nd15番 +0.4 +1.8
7 0.2 2nd20番 +0.4 +2.2
8 0.2 1st10番 × -0.2 +2.0
9 0.2 1st5番 × -0.2 +1.8
10 0.4 2nd24番 +0.8 +2.6
11 0.2 ゼロ × -0.2 +2.4
12 0.2 1st3番 × -0.2 +2.2
13 0.4 2nd21番 +0.8 +3.0
14 0.2 3rd28番 × -0.2 +2.8
15 0.2 1st10番 × -0.2 +2.6
16 0.4 2nd20番 +0.8 +3.4
17 0.2 3rd30番 × -0.2 +3.2
18 0.2 1st8番 × -0.2 +3.0
19 0.4 1st3番 × -0.4 +2.6
20 0.8 3rd30番 × -0.8 +1.8
21 1.0 1st3番 × -1.0 +0.8
22 1.6 2nd24番 +3.2 +4.0

20回目の賭け金は間違えてしまいました。本来は0.6ドルです。その後は、20回目が0.6ドルだったとして計算しています。

22回目で勝ったのでゲームを降りました。

利益は4ドルで、残高は118.2ドルになりました。

各勝率をみると

1stダズン:22回中7回の当たりで勝率31.8%

2ndダズン:22回中10回の当たりで勝率45%

3rdダズン:22回中4回の当たりで勝率18%

ご覧のとおり、2回から7回まで2ndダズンは6連勝しています。

もしも1stダズンに賭けていれば、ここは7連敗になっていたはずです。

さらに、もし3rdダズンに賭けていれば、2回目から13回目までで12連敗でした。

ライブでもこのようなことは起こることが分かりました。

ただ、ビデオゲームであった16連敗というのはライブでも起こるのでしょうか。

もう少しライブルーレットを続けて、ようすを見てみます。

みなさまの実際のゲームで、少しでも参考になればうれしいです。

次回をお楽しみに!

ギャンボラの25ドルボーナスでもこれだけ遊べます。

つぎの公式サイトからは35ドルの入金不要ボーナスがもらえますので、登録なさってみてください。

公式サイトはこちら 詳しくみる

ギャンボラ公式サイトはこちら

ギャンボラを詳しく見る