よくある質問から抜粋して解説しています。

質問 「アカウント認証はどんな書類を提出すればいいですか?」

回答 アカウント認証は本人確認住所確認などを行う書類を提出するものです。出金の際には必要ですし、大きな額の入金の際にもアカウント認証を求められることがあります。

通常は、メールなどでアカウント認証の依頼が来た時点で行います。

アカウント認証に必要な書類は次のとおりとなっていますが、次の3と4は、あなたの入出金状況から必要なものだけの提出依頼が来ます。

1.【本人確認書類】下記のリストの中から一つ(有効期限内のもの)

・運転免許証 (両面の撮影画像)
・写真付き住民基本台帳カード (両面の撮影画像)
・パスポート (写真付きページの撮影画像)
・個人番号カード(両面の撮影画像)※裏面の個人番号の数字は隠して撮影してください。
・外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書(両面の撮影画像)

2.【住所確認書類】下記のリストの中から一つ(発行日が3カ月以内のもの)

本人確認書類でアカウント登録住所を証明できない場合に限り、住所確認書類が必要ですとありますが、まず必要と考えていいと思います。

なお、パスポート(本人確認書類 )は、住所確認書類として認証できないそうです。

・住民票の撮影画像
・公共料金請求書の撮影画像 (水道/電気/ガス/インターネット/WiFi/ケーブルTV) ※携帯電話料金請求書は受理不可となっています。
・銀行取引明細書の撮影画像
・クレジットカード利用明細書の撮影画像

3.【利用決済方法確認書類】入出金に利用した場合に決済方法の書類の提出が必要です。

・E-ウォレット(ecoPayz、VenusPoint、MuchBetter、STICPAY、iWalletなど)
氏名とアカウント番号が確認できるページのURL含むスクリーンショットを提出。

・クレジットカード画像(両面の撮影画像)
セキュリティ保護のため、両面ともカード番号の初めの6桁と最後の4桁以外の数字は隠してください。(例:1231 23XX XXXX 1231)
※クレジットカードの裏面は、署名必須。CVV番号(最後の3桁、例:1231XXX)は小さな紙などで隠してください。
※カードレスの場合、カード名義人氏名とカード番号を確認できるスクリーンショットをご提出ください。

4.【銀行書類】入出金に利用した場合に必要。次の2つの情報が確認できるもの

・口座名義人および口座番号の撮影画像
※銀行口座名義は、振込人名ではなく、銀行口座契約者名を証明できる画像。
・振込明細
あなた名義の口座からギャンボラへ振込んだ履歴を証明できる入出金明細ページ等のスクリーンショット
※銀行振り込み履歴はあなたの口座名義、もしくは口座番号が表示された状態でギャンボラへ振り込んだと分かる画像の提出。
※スクリーンショットでの提出が難しい場合は、銀行から発行されるPDFの提出。
ネットバンクを利用していない場合、あなたの口座名義等が記載された通帳のページと、振込みレシート等の提出が必要と書かれていますが、実際にはこれは無理でしょう。
(通帳の入出金明細のページの写真は入金履歴として受け付けることができないそうです。)

【提出方法】

「認証」ページ(ログイン後、メニュー→アカウント詳細)より画像をアップロードして提出します。

なお、書類の四隅が入ることが必要で、書類全体が鮮明に写るように撮影をすること。
その他、受理可能な書類詳細はアカウント認証ページにて確認できます。